平成27年修士論文

平成28年度 | 平成27年度 | 平成26年度 | 平成25年度 | 平成24年度 | 平成23年度 | 平成22年度 | 平成21年度 | 平成20年度 | 平成19年度

名前 題目 指導教員名
勝亦 佑磨 目的論的機能主義に基づく志向性の自然化――ドレツキ表象論の検討 信原 幸弘
霜川 優 フレデリック・テイラーの工作機械研究に関する史的分析 橋本 毅彦
鈴木 佑京 反証主義と双側面説 信原 幸弘
中尾 暁 純粋メンデリズムの進化・分類思想 廣野 喜幸
中岡 香林 通信理論におけるシャノンによる情報の量的表現の独自性について 信原 幸弘
平井 正人 コントの「主観的」な実証主義 岡本 拓司
脇本 圭輔 第一次世界大戦期における日本の国勢調査の目的の変遷 岡本 拓司
桐生 直輝 可積分性を用いたAdS/CFT対応における相関関数の厳密結果 加藤 光裕
後藤 郁夏人 2次元N=2超共形場理論における超共形インターフェース 加藤 光裕
小林 朝瑛 格子QCDを用いたパートン分布関数の評価法 菊川 芳夫
竹嵜 智之 A∞ 構造をもつ開いた超弦の場の理論の構築 大川 祐司
安居 岳大 反応拡散系における雑音誘起相転移 金子 邦彦
篠田 謙司 ネットワーク上のカオス結合系ダイナミクス 金子 邦彦
箱崎 秀昭 非平衡量子系の状態数 清水 明
久恒 浩平 時間反転対称性の破れた超伝導体の渦の転移 加藤 雄介
山口 裕樹 Dynamical Crossover of Clone Size Statistics in Stochastic Model of Stem Cell Differentiation 沙川 貴大
羅 恒宇 量子計算を経由した古典アルゴリズムの研究 沙川 貴大
上野 恭裕 ミューオニウム超微細構造の精密測定に向けたビーム診断装置の開発 松田 恭幸
海老澤 玄宜 光の空間的自由度を利用した量子光学実験の再現 久我 隆弘
大友 圭輔 液体ゲートを用いた強相関電子系SrVO3薄膜の金属絶縁体転移 上野 和紀
菊池 魁人 Measuring Cytoplasm Fluidity and Perturbing Genotype at the Single-Cell Level 若本 祐一
澤田 雄一 相分離を抑制した鉄カルコゲナイド超伝導体薄膜の作製とその輸送特性の研究 前田 京剛
征矢 直記 Sr原子の689 nm異重項間遷移を用いたレーザー線幅狭窄化 鳥井 寿夫
中澤 新悟 バックゲート構造による強磁性金属極薄膜の磁性制御 上野 和紀
東 芳隆 MuSEUM実験のためのシミングによる磁場の空間均一度の向上 松田 恭幸
松下 智昭 一軸及び二軸性応力を印加したゲルマニウムにおける電子ラマン遷移の研究 深津 晋
早川 悠介 ホローカソードランプを用いた準安定Sr原子のドップラーフリー分光 鳥井 寿夫
水野 広介 多核水酸化アルミニウムイオンとポリ酸からなる多孔性イオン結晶の構造多形の制御 内田 さやか
浅見 有紗 界面活性剤水溶液中で変形しながら駆動するマイクロメートルサイズの油滴 豊田 太郎
加納 涼斗 アニオン性イリジウム錯体の光化学的挙動と増感剤としての機能 村田 滋
鴻丸 翔平 カチオン性イリジウム錯体の光物性に及ぼす置換基効果とベシクル中の光化学的挙動 村田 滋
鈴木 敦 電子分光と第一原理計算による有機半導体超薄膜の電子構造  -π共役分子/金単結晶基板- 増田 茂
清野 紗央理 酸化還元型多孔性イオン結晶によるカチオン吸着 内田 さやか
竹之内 政人 昇温脱離法による貴金属クラスターの小分子との反応性の解明 真船 文隆
俵家 優紀 気相昇温脱離法を用いた、ロジウム、タンタルカチオンクラスターと一酸化窒素の反応性の解明及び合金化における反応制御 真船 文隆
中川 史穂子 高強度短パルス光によるN2O+の解離過程 長谷川 宗良
萩野 勇志 電子分光によるAg(111)上多層シリセンの価電子状態解析 増田 茂
馬場 絢子 Self-assembly Process of Hexagonal Pt(II) Macrocyclic Complexes 平岡 秀一
般若 正大 オレフィン・メタセシス反応を効率的に誘起する有機レニウム・アルミナ・ルイス酸からなる協奏機能触媒 尾中 篤
村 拓人 多核水酸化アルミニウムを用いた多孔性イオン結晶の合成と触媒評価 内田 さやか

ページトップヘ